リニューアル

より“安全・安心・快適”な昇降機
へのリニューアルをサポート
いたします。

エレベータにも寿命があります

エレベータの法定耐用年数は17年

エレベータの法定耐用年数は「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」では17年とされています。
エレベータの取り換え周期は平均で20~25年程度です。 メンテナンスを施しても、本来の「寿命」を超えて性能を長く維持していくことは難しくなります。
さらには、この20~30年の間の技術の進歩、社会のニーズの変化に伴って、もともとの「性能」自体が、今の時代に合わなくなっています。
現在、ご利用者の視点から、“安全・安心”を確保することが、所有者・管理者の皆様に求められています。

減価償却資産の耐用年数等に関する省令

エレベータ耐用年数とリニューアルの必要性
エレベータ耐用年数とリニューアルの必要性
建物のライフサイクルで必ず一度は必要です

建物の外壁や電気、空調など建物設備と同様にエレベータにも耐用年数があり、重要な共有設備としてリニューアルする必要があります。
設置から20年以上経過したエレベータは、ライフサイクルコストの観点からも最新機種へのリニューアルをお勧めします。

建築物の耐用年数
建物のライフサイクルで必ず一度は必要です

メリット1:
安全性向上

バージョンアップで社会ニーズを満たす

災害や安全対策の観点から、建築基準法が改正され、エレベータに求められる社会的ニーズは年々高まっています。そんな中増えているのが建設当時の法令には合致していたけれど、現在の法令には合っていない、「既存不適格」です。違法にはなるものではありませんが、バージョンアップしたリニューアル・メニューで既存不適格を解消することをおすすめしています。
法令指針に関するお知らせ

基本性能を維持する

メンテナンスを続けても長期間使い続けると機器の劣化は進みます。また、定期的に交換する部品の生産が中止されるなど、メンテナンス自体が難しくなる場合があります。
フジテックではリニューアルにより基本性能を維持し、エレベータを長くお使いいただけるよう、メニューをご用意しています。
保守部品の供給終了に関するお知らせ

  • 安全は進化しています
    床とかごの着床誤差ができ、つまずいてしまう
  • 安全は進化しています
    毎月の停止点検で停止時間が長くなる

メリット2:
意匠性向上

資産価値向上は見た目から

昇降機は建物内の移動手段となることから、多くの方がお使いになります。そのため昇降機の意匠を新しくすることは、建物全体のイメージアップに効果的です。
機能面はもちろん、意匠面の刷新で資産価値の向上が期待できます。

ラインアップ

エレベータのリニューアルをご検討の方
対応表
制御盤交換パッケージ フルリニューアル 制御リニューアル
乗り心地
ドア開閉の安全性
地震閉じ込め防止(P波対応)  
停電対策  
24時間365日監視
かご内操作盤
天井・壁・床    

24時間365日監視は別途契約が必要です。

表は目安です。お使いのエレベータにより対応できない場合があります。

対応表
制御リニューアル トラス残しリニューアル フィットinトラス工法 フルリニューアル
制御系・駆動系
ステップ  
ハンドレール
インテリアパネル  
外装(トラス)      
リニューアル期間 短期 長期 中期 長期