京都鉄道博物館

JR京都駅の西、梅小路蒸気機関車館の跡地に建つ「京都鉄道博物館」。
“見る、さわる、体験する”をテーマに感動とひらめき、知的好奇心を生み出す博物館として、蒸気機関車から新幹線まで、貴重な53両が展示されています。地上3階建ての同博物館にはフジテックのエレベータ3台、エスカレータ2台を納入。
エレベータ・エスカレータ共に、多くの展示車両が並ぶ広大な空間と、運転シミュレーターや鉄道ジオラマなどがあるフロアを結んでおり、多くの来場者に利用されています。

  • エレベータ
  • エスカレータ
  • 公共施設
  • 国内
  • かご定員17名以下
  • かご定員18名以上
  • 車いす仕様
  • ステップ幅1000mm(2人乗り)
  • ポール式自動運転
  • ハイライズ(階高8000mm以上)
  • 2010年代
物件名
京都鉄道博物館
所在地
京都
施主
西日本旅客鉄道株式会社
設計・監理
ジェイアール西日本コンサルタンツ・東畑建築事務所共同企業体(基本設計・設計監修)/大成建設株式会社(実施設計)
施工
大成建設株式会社
竣工
2016年

仕様

エレベータ 納入合計台数 3
機種 用途 積載(kg) 定員(名) 速度(m/min) 停止階数(階) 台数(台)
XIOR 乗用 1000 15 45 3 2
Order XIOR 人荷用 1600 24 45 3 1
エスカレータ 納入合計台数 2
機種 モデル ステップ幅(mm) 階高(mm) 勾配(度) 台数(台)
GS-NX S 1000 8000 30 2
一覧へ戻る