据付図・寸法表

据付図

据付図

外装に落下防止フェンス等が付く場合は、ご相談ください。

中間支持要の場合は、ご相談ください。

屋外仕様でインバータ付の場合は建屋にてインバータ設置用のスペースを要します。

屋外に設置する場合は、別途ご相談ください。

速度が30m/minを超える場合、2速度運転や反射型ビームセンサー式省エネ運転装置仕様となる場合はL寸法が大きくなる場合がありますので、ご相談ください。

  • (注1) エスカレータトラスと外装面の間に底部照明がない場合、200→100となります。

  • (注2) L寸法が13900を超える場合は、中間支持梁が必要となります。中間支持梁がある場合支持梁寸法(M1、M2)は11000以下となります。

  • (注3) ハンドレール折り返し部の先端から2m以内に対面するシャッターがある場合は、エスカレータの運転をシャッターに連動して停止する構造にする必要があります。

  • (注4) マシンが11kW以上の場合は1000となります。

寸法表

設置条件 適用 W1 A B C
エスカレータ設置・・・単列、または並列
側面外装・・・・・・・なし
隣接する建築壁や柱・・なし
S600形 S,F,P 920 105 65 10
S800形 S,F,P 1120
S1000形 S,F,P 1320
エスカレータ設置・・・単列、または並列
側面外装・・・・・・・あり
隣接する建築壁や柱・・なし
S600形 S,F,P 940 115 75 20
S800形 S,F,P 1140
S1000形 S,F,P 1340
隣接する建築壁や柱・・あり S600形 S,P 950 120 80 25
F 990 140 100 45
S800形 S,P 1150 120 80 25
F 1190 140 100 45
S1000形 S,P 1350 120 80 25
F 1390 140 100 45

隣接する建築壁や柱とは、ハンドレール中心からの距離(A)が120mm以内にあるものを示します。

形式 W2 W3 W4 W5 W6
S600形 710 606 878 1000 900
S800形 910 806 1078 1200 1100
S1000形 1110 1006 1278 1400 1300
形式 H(階高) 水平ステップ J V K X Y Z Q
S600形 H≦7000 1.5枚(標準) 2715 1535 2701 1955 1275 1941 (注4)
970
3枚 3315 2135 3301 2555 1875 2541
S800形 1.5枚(標準) 2215 1535 2201 1955 1275 1941
3枚 2815 2135 2801 2555 1875 2541
S1000形 1.5枚(標準) 2215 1535 2201 1955 1275 1941
3枚 2815 2135 2801 2555 1875 2541

反力表

■ 2点支持の場合

H,M1の単位はメ-トル

H
(階高)
水平ステップ 形式 R1(アッパー支点反力)(kN) R2(ロアー支点反力)(kN)
7.0m以下 1.5枚 S600形 9.5H² + 80.6 H + 126.4
1.732H + 4.67
9.5H² + 65.1 H + 127.3
1.732H + 4.67
S800形 10.6H² + 80.7 H + 116.6
1.732H + 4.17
10.6H² + 65.1 H + 112.1
1.732H + 4.17
S1000形 11.6H² + 86.9 H + 125.2
1.732H + 4.17
11.6H² + 70.7 H + 120.4
1.732H + 4.17
3枚 S600形 9.5H² + 94.5 H + 187.6
1.732H + 5.87
9.5H² + 79.2 H + 181.3
1.732H + 5.87
S800形 10.6H² + 96.1 H + 178.8
1.732H + 5.37
10.6H² + 80.8 H + 166.7
1.732H + 5.37
S1000形 11.6H² + 103.8 H + 192.6
1.732H + 5.37
11.6H² + 88.0 H + 180.2
1.732H + 5.37

■ 3点支持の場合

H,M1の単位はメ-トル

H
(階高)
水平ステップ 形式 R1(アッパー支点反力)(kN)
7.0m以下 1.5枚 S600形 9.5H² + 80.6 H -11 HM1 + 3.2M1² -46.5M1 + 121.8
1.732H - M1 + 4.67
S800形 10.6H² + 80.7 H -12.2 HM1 + 3.6M1² -46.7M1 + 111.6
1.732H - M1 + 4.17
S1000形 11.6H² + 86.9 H -13.4 HM1 + 3.9M1² -50.2M1 + 119.1
1.732H - M1 + 4.17
3枚 S600形 9.5H² + 94.5 H -11 HM1 + 3.2M1² -54.5M1 + 181.2
1.732H - M1 + 5.87
S800形 10.6H² + 96.1 H -12.2 HM1 + 3.6M1² -55.6M1 + 171.8
1.732H - M1 + 5.37
S1000形 11.6H² + 103.8 H -13.4 HM1 + 3.9M1² -60.1M1 + 184.0
1.732H - M1 + 5.37
H
(階高)
水平ステップ 形式 R3(中間支持支点反力)(kN) R2(ロアー支点反力)(kN)
7.0m以下 1.5枚 S600形 9.5H² + 60.1 H -11 HM1 + 3.2M1² -34.5M1 + 95.5
1.732H - M1 + 4.67
 +  3.2M1² + 4.8
M1
3.2M1² + 7.9M1 -4.8
M1
S800形 10.6H² + 59.6 H -12.2 HM1 + 3.6M1² -34.7M1 + 83.4
1.732H - M1 + 4.17
 +  3.6M1² + 5.3
M1
3.6M1² + 8.3M1 -5.3
M1
S1000形 11.6H² + 64.6 H -13.4 HM1 + 3.9M1² -37.6M1 + 90.4
1.732H - M1 + 4.17
 +  3.9M1² + 6
M1
3.9M1² + 8.6M1 -6
M1
3枚 S600形 9.5H² + 73.3 H -11 HM1 + 3.2M1² -42.0M1 + 138.9
1.732H - M1 + 5.87
 +  3.2M1² + 6.8
M1
3.2M1² + 8.4M1 -6.8
M1
S800形 10.6H² + 74.3 H -12.2 HM1 + 3.6M1² -43.2M1 + 127.6
1.732H - M1 + 5.37
 +  3.6M1² + 7.4
M1
3.6M1² + 8.9M1 -7.4
M1
S1000形 11.6H² + 80.7 H -13.4 HM1 + 3.9M1² -46.9M1 + 138.6
1.732H - M1 + 5.37
 +  3.9M1² + 8.4
M1
3.9M1² + 9.3M1 -8.4
M1

受梁部寸法表

    プレート延長(γHが150mm以下の場合) コードアングル延長(γHが150mm超えの場合)
γH[mm] 80以下 80超え120以下 120超え150以下 150超え200以下 200超え250以下 250超え300以下
D 135 175 205 255 305 355
E コンクリート 420 500 560 660 760 860
鉄骨 320 400 460 560 660 760

γ:エスカレータの設計用層間変形角

据付図

据付図

外装に落下防止フェンス等が付く場合は、ご相談ください。

中間支持要の場合は、ご相談ください。

屋外仕様でインバータ付の場合は建屋にてインバータ設置用のスペースを要します。

屋外に設置する場合は、別途ご相談ください。

速度が30m/minを超える場合、2速度運転や反射型ビームセンサー式省エネ運転装置仕様となる場合はL寸法が大きくなる場合がありますので、ご相談ください。

  • (注1) エスカレータトラスと外装面の間に底部照明がない場合、200→100となります。

  • (注2) L寸法が13800を超える場合は、中間支持梁が必要となります。中間支持梁がある場合支持梁寸法(M1、M2)は11000以下となります。

  • (注3) ハンドレール折り返し部の先端から2m以内に対面するシャッターがある場合は、エスカレータの運転をシャッターに連動して停止する構造にする必要があります。

寸法表

設置条件 適用 W1 A B C
エスカレータ設置・・・単列、または並列
側面外装・・・・・・・なし
隣接する建築壁や柱・・なし
S600形 S,F,P 920 105 65 10
S800形 S,F,P 1120
S1000形 S,F,P 1320
エスカレータ設置・・・単列、または並列
側面外装・・・・・・・あり
隣接する建築壁や柱・・なし
S600形 S,F,P 940 115 75 20
S800形 S,F,P 1140
S1000形 S,F,P 1340
隣接する建築壁や柱・・あり S600形 S,P 950 120 80 25
F 990 140 100 45
S800形 S,P 1150 120 80 25
F 1190 140 100 45
S1000形 S,P 1350 120 80 25
F 1390 140 100 45

隣接する建築壁や柱とは、ハンドレール中心からの距離(A)が120mm以内にあるものを示します。

形式 W2 W3 W4 W5 W6 J K X Z
S600形 710 606 878 1000 900 2975 2961 2201 2187
S800形 910 806 1078 1200 1100 2475 2461
S1000形 1110 1006 1278 1400 1300

反力表

■ 2点支持の場合

H,M1の単位はメ-トル

H
(階高)
水平ステップ 形式 R1(アッパー支点反力)(kN) R2(ロアー支点反力)(kN)
6.0m以下 2枚(標準) S600形 6.5H² + 70.3 H + 148.6
1.428H + 5.176
6.5H² + 57.5 H + 143.1
1.428H + 5.176
S800形 7.2H² + 71.1 H + 139.1
1.428H + 4.676
7.2H² + 58.1 H + 128.4
1.428H + 4.676
S1000形 8H² + 76.6 H + 149.3
1.428H + 4.676
8H² + 63.3 H + 138.1
1.428H + 4.676

■ 3点支持の場合

H,M1の単位はメ-トル

H
(階高)
水平ステップ 形式 R1(アッパー支点反力)(kN)
6.0m以下 2枚(標準) S600形 6.5H² + 70.3 H -9.1 HM1 + 3.2M1² -49.3M1 + 144.5
1.428H - M1 + 5.176
S800形 7.2H² + 71.1 H -10.1 HM1 + 3.6M1² -49.8M1 + 134.8
1.428H - M1 + 4.676
S1000形 8H² + 76.6 H -11.1 HM1 + 3.9M1² -53.7M1 + 144.2
1.428H - M1 + 4.676
H
(階高)
水平ステップ 形式 R3(中間支持支点反力)(kN) R2(ロアー支点反力)(kN)
6.0m以下 2枚(標準) S600形 6.5H² + 54.4 H -9.1 HM1 + 3.2M1² -38.2M1 + 110.3
1.428H - M1 + 5.176
 +  3.2M1² + 3.9
M1
3.2M1² + 7.4M1 -3.9
M1
S800形 7.2H² + 54.5 H -10.1 HM1 + 3.6M1² -38.2M1 + 98.3
1.428H - M1 + 4.676
 +  3.6M1² + 4.8
M1
3.6M1² + 7.6M1 -4.8
M1
S1000形 8H² + 59.2 H -11.1 HM1 + 3.9M1² -41.5M1 + 106.8
1.428H - M1 + 4.676
 +  3.9M1² + 5.1
M1
3.9M1² + 8.1M1 -5.1
M1

受梁部寸法表

    プレート延長(γHが150mm以下の場合) コードアングル延長(γHが150mm超えの場合)
γH[mm] 80以下 80超え120以下 120超え150以下 150超え200以下 200超え250以下 250超え300以下
D 135 175 205 255 305 355
E コンクリート 420 500 560 660 760 860
鉄骨 320 400 460 560 660 760

γ:エスカレータの設計用層間変形角