特徴ドア周りの安全機能

乗り降りを見守り、さらに“安全・安心”なエレベータへ

画像認識ドアニック画像認識ドアニック有償付加仕様

最新の画像解析技術で利用者の行動を判断し、ドアを開閉します
  • 画像認識ドアニック

    専用の小型カメラと画像解析によって、従来の光電式ドアニックでは対応できなかった広範囲の検出と、乗車しようとする利用者の識別を行うことで、ドア周りの安全性を強化します。また、利用する意思のない人に対して反応しないことから、ドアの開閉精度向上によるエレベータ運転効率の向上を実現します。

    建物状況によっては設置できない場合があります。

    光電式ドアニックとの併用はできません。

トリプルドアセンサー標準装備仕様

ドア開閉の安全を見守る「トリプルドアセンサー」
  • カードアポケットセンサー

    かごドアの戸袋付近の赤外線ビームが、ドアに近づく手や荷物などを検知するとドアが開くのを一旦停止します。

  • 光電式ドアニック

    乗場側に向けて赤外線ビームを照射。ドアが閉まりかけているとき、エレベータに乗り込もうとする人を検知すると、ドアを開きます※。

    乗場に人が立ち続けていると、ドアが閉まらない場合があります。また、ドアが閉まりきる直前には、センサーが無効になります。

  • 光電式多光軸センサー

    出入り口に赤外線ビームを照射し、光のカーテンを張り巡らせて、ドアが閉まるときの人や物の動きを検知。閉まりかけたドアを開きます。

ドアエッジセンサー有償付加仕様

  • コードなどの挟み込みをレーザーで検知

    ドアを閉じる際のペットのリードや点滴チューブなどの細長いものの挟み込みをレーザーで検出。液晶表示と音声案内で注意を喚起し、ドアを反転して開きます。

ドアウィンカー有償付加仕様

ドアウィンカー
ドアが開閉するタイミングをLEDが点滅してお知らせ

かご内幕板のLED がドア開閉の約1 秒前に点滅し、ドアの開閉を知らせます。かご内で「閉」ボタンが押されると、閉まり始めると同時に点滅します。

フジテックは、ドア周りの安全性向上のため、機能強化に取り組んでいます。

  • 「エクシオール」では、乗り降りの際の安全を強化するため、「カードアポケットセンサー」「光電式ドアニック」「光電式多光軸センサー」の3 つを標準装備しています。さらに、「画像認識ドアニック」「ドアエッジセンサー」「ドアウィンカー」(有償付加仕様)をプラスすることによって、ドア周りの安全機能が一段と高まります。

ショールーム「クリエイティブスタジオ」

  • エクシオールを実際に見て、触れていただけます

    本社ビッグウィング(滋賀県彦根市)と東京本社(東京都港区)に「クリエイティブスタジオ」を設置。エクシオールの実際のかごやボタンバリエーションなどをご覧いただけます。
    見学のお申し込み・お問い合わせは、当社営業担当までご連絡ください。

  • ショールーム「クリエイティブスタジオ」