先輩社員紹介

機械開発

プレッシャーから得た自信

近久 順平
Junpei Chikahisa

近久 順平

フジテックでの仕事

近久 順平
入社動機

学生時代は工学系を専攻していたため、できれば研究を生かした職業に就きたいと考えていました。ただ、機械関連であれば専攻に通じるところがあると思い、業種を絞らずにさまざまな業界を回りました。
自動車や飛行機をつくるというと、何をすれば良いのかなかなかイメージがつかなかったのですが、街で目にするエレベータは、シースルーなど機構が見えているものもあってか、構造が理解でき興味を持てました。
また、フジテックは他のメーカーと異なり、一貫体制で事業を行っているため、幅広い経験ができると思い入社しました。

近久 順平
今の仕事

現在はエレベータの新機種の開発を手掛けています。エレベータを動かすためには必要な機器がたくさんあります。これらの機器をエレベータの動く昇降路内などに、どう配置していくかを考え、レイアウトしていきます。
商品化に大事な工程はその後で、上司や関係者によるさまざまなシミュレート結果によって出てきた多くの課題を解決します。この工程を経ることで、商品化により近づいていきます。
商品の開発期間は短いもので1年、長いものでは3年以上かかります。新機種が完成した後も、より性能を向上させるため、日々、品質の向上に取り組んでいます。

採用についてのお問い合わせ