エレベータの地震対策

フジテックはエレベータの
地震対策に取り組んでいます

“地震列島”ともいわれる日本。オフィスビルやマンションが立ち並ぶ今日、いつ襲ってくるかもしれない地震への備えは、安全な生活を守るために欠かすことができません。
フジテックでは、地震発生後の「早期復旧体制」とエレベータへ施す「地震対策機能」の両面から強化を図っています。
都市生活のライフラインであるエレベータ。私たちは昇降機の専業メーカーとして、その社会的使命を担いながら、安全性・快適性・信頼性の更なる向上に努めます。

1.早期復旧体制

早期復旧体制

(1) 災害対策本部
大規模地震発生時には早急に災害対策本部を設置。
エレベータの稼働状況を監視する「セーフネットセンター」が、エレベータの被害状況と技術員の位置情報を把握。閉じ込めなど緊急度の高い物件から順に、迅速な復旧を行います。
集中する電話回線を想定して、広域災害専用受信端末や専用フリーダイヤルなどの電話回線を増強。衛星電話や災害時優先電話も装備しています。
また、通信インフラが利用できない状況を想定し、災害復旧要員があらかじめ決められた現場を順次復旧していく「ローラー作戦」を立て、もしもの時に備えています。

(2) 「セーフネットセンター」の安全対策
司令塔となる「セーフネットセンター」の施設は、地震時の安全性を確保するため、耐震補強対策に加え、自家発電装置を備えています。また、「セーフネットセンター」は東京と大阪の2カ所にあり、万一どちらかのセンターの機能が停止する状況に陥っても、システム全体がダウンすることなく、サービスを継続できる体制を確立しています。

2.地震対策機能

地震対策機能

(1) 利用者の閉じ込め防止
エレベータは地震を感知すると、人的・物的被害を防ぐため「停止」する機能をあらかじめ備えています。利用者の閉じ込めを防止するためには、「停止」前後の特別な運転機能が要となります。

a 管制運転
本震到達前に地震を感知すると、最寄階でドアが開き利用者の閉じ込めを防ぎます。管制運転を起動する感知器は次の3種類があります。

b リスタート運転
本震到達により停止したエレベータを再起動させ、最寄階でドアを開くことで利用者を救出します。

(2) 昇降機の長時間停止解消
地震後いち早く日常生活を取り戻すためには、エレベータの早期復旧が欠かせません。フジテックでは長時間・長期間の停止を防ぐ事前の対策を進めています。

a 物的被害の未然予防
地震でエレベータのロープが揺れると、昇降路に設置された機器の損傷を招くおそれがあります。損傷部の修理・交換はエレベータの長期間停止の原因になるため、昇降路にプロテクターや保護線を設置し「引っ掛かり」を防止する措置を施します。さらに、高層建築物のロープなどに対して「振れ」自体を抑制する最新装置も開発しています。

b 自動診断・仮復旧運転
管制運転の作動後、自動でエレベータの物的損傷具合を診断する機能です。運転に支障がない場合には、技術員の到着を待たずにエレベータを仮復旧できます。