Sustainabilityサステナビリティ

環境

Environment

環境取組方針

フジテックは、持続可能な社会の実現に向け、
事業活動を通じて
環境との共生を図ります。

環境負荷実績

  • 環境負荷の総量(2021年3月期:2020年4月1日〜2021年3月31日)

※ 対象範囲:日本国内の本社・支社・工場・支店・営業所・サービスセンター

環境負荷の総量(2020年3月期)

環境負荷の総量(2020年3月期)

商品における環境負荷低減の取り組み

エレベータで回生エネルギーを活用した仕組み

  • 回生エネルギーの活用

新標準機「エクシオール」は、運転で発生する回生電力をエレベータ以外の設備に有効利用することで、建物全体の省エネに貢献
(従来、回生電力は熱として消費)

  • エレベータのリニューアルで、
    消費電力を最大50%削減

巻上機をギア付きからギアレスモーターに交換で機械効率が向上し、電力制御をインバータ方式に変更で細かな速度調整を実現。低電力化でCO2削減に貢献

  • すべての天井照明に省エネルギー・長寿命のLED光源を採用

マシンルームレス・エレベータ「エクシオール」のすべての機種に、LED照明を標準装備。CO2排出量や消費電力の削減に加え、大幅な長寿命化によって、照明器具を交換する手間と費用を省く。
一部の天井タイプにおいては、LED光源を白色または電球色からお選びいただけますので、建物との調和を考慮した、かご空間を演出することが可能。
LED光源は、紫外線をほとんど含まないため虫が集まりにくく、美観を損ないにくいことや、環境に有害な水銀を使用していないことが特長。

※年間CO2排出量は、光源の消費電力削減に加えて、かご照明の自動休止時間短縮による効果も含む

すべての天井照明に省エネルギー・長寿命のLED光源を採用

  • エスカレータのリニューアルで、
    環境性能向上

当社独自のリニューアル工法(フィットinトラス・ユニットinトラス)は、既設の構造(トラス)を使用するため、新造や廃棄が不要で、製作、運搬、処理等のCO2排出量を削減します。また、エネルギー効率の高い駆動装置への更新や照明のLED化で消費電力を最大50%まで削減

生産拠点における環境負荷低減の取り組み

  • エスカレータの生産自動化による
    環境改善

自動塗装ロボットの導入で、自然環境への効果、従業員の作業環境を改善。最新機器の活用による省エネルギー化、溶接ヒューム削減・設備密閉強化による、塗装粉塵の飛散抑止で環境負荷低減に貢献

自動塗装設備の完成イメージ

自動塗装設備の完成イメージ