2020年12月21日 非接触ボタンを新設エレベータで標準装備

フジテック株式会社(本社:滋賀県彦根市、社長:内山 高一)は、タッチレスでエレベータの操作ができる非接触ボタンを、標準型マシンルームレス・エレベータ「エクシオール」の標準装備仕様として12月21日から適用開始します。標準装備する非接触ボタンは、同日に販売開始した新タイプ「プッシュ式ボタン一体型」です。
非接触ボタンの普及を通じて、利用者の皆さまが快適に安心して利用できる移動空間の提供を目指します。

【本リリースのポイント】
1. 標準装備仕様で展開
公衆衛生に対する意識の高まりから、非接触ボタンはエレベータに求められる機能として急速にニーズが拡大しています。そこで非接触ボタンの「プッシュ式ボタン一体型」を、エクシオールに予め装備する機能「標準装備仕様」として販売展開します※。

2. 高層の建物に対応
センサーの省スペース化により、従来のタイプと比べて停止フロア数の多い高層の建物に導入が可能です。

3. ボタンを一体化
プッシュ式ボタン一体型は、小型化した非接触センサーをプッシュ式ボタンに内蔵しています。1つのボタンで「押す」「かざす」の2WAYの操作が可能です。
なお、プッシュ式ボタン一体型の既設エレベータ向け商品は2021年2月に販売を予定しています。

※従来から販売している「ハイブリッド型」「単体型」は有償付加仕様です。

この件に関するお問い合わせ:広報室
03-4330-8233

受付時間 9:00-17:00(土・日・祝・当社休業日を除く)

一覧へ戻る