2019年07月08日

琵琶湖の環境保全活動に参画しています。

滋賀県は、1980年から7月1日を「びわ湖の日」として環境基本条例に制定し、
毎年、この日に向けた様々な環境保全活動が県内全域で行われています。
フジテックもこの活動に賛同し、2019年は2つの活動を行いました。

6月8日に滋賀県、彦根市が主催し、公益社団法人24時間テレビチャリテイー委員会が
共催する環境美化活動に参加しました。
社員とその家族47名が彦根市内の琵琶湖岸に散在するごみを収集しました。

また、6月16日には、「伊庭内湖(いばないこ)外来魚駆除釣り大会」に参加しました。
これは琵琶湖へとつながる伊庭内湖で、生態系を脅かす外来魚を駆除する取り組みです。
当社は2007年から、参加を続けています。

この日は、社員とその家族28名が参加し、バス釣りを楽しみながら外来魚の駆除へ貢献しました。
釣り上げた外来魚は、NPO団体が引き取り、堆肥に加工して近隣農家に提供されます。

今後も琵琶湖とその周辺の環境保全のため、活動を継続していきます。



一覧へ戻る